【ママだってわがままをしたい!私がこだわった春の七五三】

はじめまして!まさこです。

 


アメリカ5年・マレーシア13年。海外生活は既に18年目の2児の母です。

 


元臨床カウンセラー、自身の海外ハンドメイド起業の経験を踏まえて、日本でそして海外で活躍する女性ハンドメイド起業を応援するサロン《ステラアカデミー》を運営しています。



ブログでは国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きやハンドメイド起業のお役だち情報をシェア。 

 


【無料配布は今週まで!】ハンドメイド起業女子必須のお手軽写真術メール講座《スマフォトグラフィー8DAYS》


↓お申し込みはこちら↓

《スマフォトグラフィー8DAYS》

 


はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。→私の岐路①



今年から次男が長男と同じ学校に行くようになり、やっと二人のスクールホリデーが合うようになりました。これはチャンスと、先週の一週間のお休みに日本へ弾丸帰国しました。



今回の目的はなんといっても日本の春を満喫する事。



春って一番好きな季節なんです。



桜や水仙、菜の花、セリやたけのこ、季節の物を目で見て舌で楽しもう~!と私は一人で妄想。



そして今回もう一つミッションが。



それは次男の七五三!



この二つを叶えるべく、一週間のスケジュールはすでに予定でぎっしり。





長男の七五三はスタジオで撮ったのですが、長男と違って次男は動き回ってじっとできないタイプ。自分のやりたく無い事だと、まったく言う事を聞いてくれません。



七五三を撮影するに当たって、どうしようかと思っているところへマザーライフコンシェルジュ上坂真理さんのこんなブログに出会いました。

【スマートな七五三】専属カメラマンと明治神宮→会食会はうかい亭



子育てコーチングでお世話になった真理さんは、コーチング以外にもピアノ教師や子連れ旅の達人で、さらにお受験ママの相談役とたくさんの引き出しをもっている素敵な方。



ママが楽しく子育て出来るアイデアがいっぱいの彼女の話す、同行カメラマンを雇って神社→ホテルの昼食会を写真に撮ってもらうというアイデアは目から鱗でした!



普段は暑いマレーシア暮らしで着物を着る機会なんて皆無の私。でも、子供の晴れの日ぐらい着物を着たい!という思いがいっぺんに溢れてきました!



《これは出来ない事だ。海外にいるんだから我慢しなきゃいけない》とずっと心の奥に封印していたんですね。



でも、真理さんのブログで火がつきました。七五三に同行してくれる地元カメラマンを早速リサーチして、着付けしてくれる貸衣装屋さんも日本に帰る前にウェブで手配。帰国の2週間前でした。






その日は朝11時から私と次男の着物選びにヘアメイク。私の着付けの間に主人が子供達をモスバーガーへ連れて行ってランチ。



私の着付けが終わったら次男の着付けの番。ふにゃふにゃして言う事を聞かない次男をメイクさんと二人でおだてながら着付け終了。



着物についていた剣に長男次男共にちょっと興奮気味。いい感じ♪



着付け終了午後2時半。車で熊本城へ向かいます。



2016年の大地震で大規模に倒壊したまま未だに手付かずの壊れた石垣の中、熊本城は巨大なクレーンと足場に覆われてまったく見えなくなっていました。





加藤神社はこの熊本城城内にある加藤清正公を祭った神社。



実はここで11年前に結婚式を挙げた私たち。神様に二人の男の子を授かった事を報告したかったんです。



それに、季節は春。熊本城は桜の名所だからきっといい撮影スポットがあるはず。




そんな思いを胸に福岡から駆けつけてくれたカメラマンさんとの待ち合わせ場所である加藤神社へ。





花見や参詣客で神社はごった返し。



以前は「何時にどこで待ち合わせ」して友人達と出かけたものでしたが、携帯の普及で”待ち合わせ”なんて言葉すら聞かない昨今。



日本では手持ちの携帯がないので、今回久々に誰かと「待ち合わせ」です。



本当に会えるかどうかというドキドキ感は久しぶり。



カメラマンさんのほうから私たちに声をかけて頂き、無事合流しました。



撮影開始。案の定、ウチの次男は動き回って全然言う事聞かないし、変顔ばかり~。



結局借りた下駄も途中で投げ出し、クロックスで走り出し砂利の上に寝転び、それはそれは借り物の着物の事であわてる親を横目にやりたい放題!



でも、カメラマンさんは自然な表情や素敵な笑顔を撮ってくれていました。





スタジオ撮影はすべて準備されていて楽ちんだけど、やっぱりロケ撮影はみんなの自然な笑顔が撮れるが最高にいい!



ちょっと頑張って、わがままして良かった~!



すでに葉桜でしたが、それでも新緑が美しくて春を感じる場内での撮影は大正解でした。




そして300枚以上の写真一枚一枚がキラキラしていてこれはもう一生の宝物。



これからどんな冊子にしようかとか、どの写真を額縁にいれようとか考えると楽しみです。






いつもは、子供達に合わせて自分のしたい事がなかなかできないママ業ですが、本当にやりたい事は諦めたらいけないんだなとつくづく思いました。



いつもより手間はかかるけど、



やったことが無いのでうまくいくか不安だけど、



家族を巻き込んでしまうけど、



自分が良いと信じたこと、自分が心から欲している事は諦めずにやるべきなんです。



自分の思いさえ家族に伝わっていれば、いつもとは違うことだって、ちょっと無謀で無計画だと思われることだってやれば案外できちゃうもの。



諦める必要は無いんです!



ママはいつも自分を後回し。



私の母もそうでしたし、私も子供が生まれてからは自分の優先順位は最後のほうでした。



でも、何かこれまでやりたくても諦めてきた事や我慢してきた事があったら、それが本当に叶えられない事なのか?ずっと我慢して行くのか?考えてみてください。



《自分で封印してきたやりたい事を叶えられるのは自分しかいない》



その封印を溶けるのは自分自身だけかもしれないですよ。



0コメント

  • 1000 / 1000

~プロフィール~


井藤雅子(いとう・まさこ)


熊本県出身。

2004年よりマレーシアに移住。

出産後に家族の健康のためにと始めた手作り石けんとスキンケア作りに夢中になり

現在はハンドメイドスキンケアのオンラインショップを経営しながら

二児を育てる多忙な毎日。


自分と同じようにハンドメイド好きな主婦を応援したいという情熱に目覚め

これをライフワークにするべくステラアカデミーを立ち上げる。世界中の主婦が集う

インスタグラムセミナーやハンドメイドお茶会などを好評開催中。


ワークショップや石けん作りの合間には読書やヨガをするのが日課。

好きなものは石けんとアロマとコーヒー。

趣味は旅行、写真。


お問い合わせはこちらへどうぞ。