こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①


【魔のイヤイヤ期を攻略☆食事の時間に気が重いママへ】


今日は何を作って子供に食べさせようか? 



これは子育て中のママならだれでも一日に一回は自分に問いかける質問だと思います。 



 モノを作るのが好きな私でも、子供の食事となると何だかいつも気が重い。 



 「自分の好きなものでなく子供に合わせた食事を作らなきゃいけないし、それも、次はどこに野菜を忍ばせようか?」



 もう、毎回毎回作る時に心の中でバトル、そして食べさせる時には子供と実践バトル。 



 きっとそれで毎日自分のエネルギーの3割ぐらい消費していました。 



 それで、去年からオーストラリア在住のフードコーチ、マーシャン祥子さん主催の子育てを楽にするフードセラピーというオンラインプログラムのお世話になって、 



 料理の軸やコツだけでなく、ホリスティックなセルフケアやママとしての有り方までトータルで学びました。 



 そのプログラムで出会ったシンガポール在住のゆかこさん。 



 彼女は幼児教育のプロフェッショナルとして、シンガポールで幼児や幼稚園の先生方と日々かかわっている2歳児のワーキングママ。 



 ゆかこさんを初めて知ったのは祥子さんとゆかこさんの対談。 



子供っぽい笑顔がとても可愛いくて、きっと子供達から愛されている先生なんだろうな~と感じました。 



その対談の中で彼女が「娘を一人の人間として見て人として尊重し、子供だからと考えずに少し遅れて生まれてきた人としてサポートしている。」と話していたのを見て、すごい考え方だな~、私もそうありたいなと思ったのを覚えています。 



そのゆかこさんと、同じフードセラピー卒業生として縁があって知り合いになり、シンガポールとマレーシア、同じ東南アジアで国際結婚・海外子育てといろいろ共通点が多くてまたまた親近感♪ 



そして今回『魔の2歳児vs食事コミュニケーション攻略法』を教えてくれると聞いたので、いち早く攻略本をゲットしました! 



 この攻略本には2歳児の食事中のイライラが減る5つの秘訣が書いてあって、遊びながら食べる子供(→もろうちの5歳児)にどう声賭けをしたらよいのかとか、接し方のヒントがいろいろ! 



ゆかこさんは、「ゴールは一緒に食事の時間を楽しむ事!」と言い切っていて、食事の栄養価のことばかりが気になっていた私にはそれが足りて無かったなあと反省。 



食事中がバトルのママ達のバイブルになること間違いなしです。 



 まだまだ無料でプレゼントしてくれているらしいので、食事中のバトルに終止符を打ちたい方必見ですよ~。 



 ゆかこさんのブログリンクを貼っているのでこちらからダウンロードしてみてくださいね。↓  


【遂に公開!】魔の2歳児vs食事 子どもと穏やかな心で過ごす時間を増やすための秘訣

0コメント

  • 1000 / 1000