【“はじめてのインスタグラムレッスン”参加者の感想①】

こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①



前回のブログで、すごいプレゼント企画があります♪と言っておいて、 



 まだ出来上がっては無いのですが(汗 



 今回のプレゼントにどんなレッスンが入っているのかチラっとお見せしちゃいます♪ 



 お手軽スマホ写真術レッスン本  「スマフォトグラフィー」 


Lesson 1...........基本は自然光で 
Lesson 2...........写真を撮るアングル 
Lesson 3...........被写体の顔を決める  
Lesson 4...........被写体との距離 
Lesson 5...........三分割の法則 
Lesson 6...........背景に気を配る 
Lesson 7...........身に着けて撮る、作業風景を撮る 
Lesson 8...........アプリで編集 


 

と、盛りだくさんです♪ 



 こんなにあるの?と思われた方もいるかもですが、 



 簡潔にわかりやすく書いていますので、ご心配なく♪ 



 今週中には出来上がる予定です!請うご期待~!




先月から引き続き行っている”わたしのコアなファンに出会うための初めてのインスタグラムレッスン”。



こちら、インスタグラムをしばらく使っているけど、うまく活用できていない方向けのインスタグラムをもっと効果的に使える実践的なワークショップです。




続々と感想を頂いているので、これから少しづつご紹介していきたいと思います。



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。



まずは、お隣の国タイのバンコクでヘアアレンジやヘアメイクなどのワークショップをされている美容師のKazukoさんのご感想。



彼女はオンラインで参加してくれました。





仕事のヘアメイクのInstagramアカウントでは、レッスン告知とその報告しかしていなかったので、私のコアなファンに出会うために、"私"を知ってもらい、共感して応援してもらえるようなページにしたいです。 ビジネスのアカウントにしただけで、Facebookや広告等に発展してびっくり! #タグ付けもめちゃくちゃつけたら、過去最高いいね予感です 笑 ありがとうございました!



後日、Kazukoさんが主催するオンラインのヘアアレンジワークショップに参加させてもらったんですが、



いつも暑いマレーシアで長い髪をひっつめてばかりの私。



ヘアアレンジにも興味があったし、なによりもオンラインってのが嬉しい♪



なんてったって、すっぴんでも部屋着でもOKなんですから。



オリジナル動画を見ながらこなれ髪のヘアアレンジ方法を練習しつつ、



他の参加者さんともおしゃべりしながらのレッスンは、かなり盛り上がりました!



自分の為に何か新しいスキルを磨くときって、これまでにない充実感を感じるんですね☆



こなれ髪もマスター(多分)して、か~な~り、女子力アップしたと思う♪



また、ヘアアレンジのオンライン企画もあるそうです。



彼女のインスタで素敵なバンコク暮らしを垣間見る事も出来ますよ☆



Kazukoさんのインスタグラム → @caylalaay_bkk 



・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。



次にご紹介するのは、マレーシア在住のアロマカウンセラーAmyさんのご感想。




彼女は去年私が開催した第一回目のインスタグラムのワークショップに来てくれてて、 感想をこうブログに書いてくれていました。 


「先行く方に聞くのはやはり一番!」と思い エッセンシャルオイルの写真を どうのせるかなぁなんて 漠然と考えつつレッスンへGO!  
 かるーいノリだったワタシですが 内容がとっても濃くて インスタグラムの使い方にとどまらず Aromagenicの今後を考えるいい機会にもなり 自分の中にいつもと違う流れが始まりました。  


本文はこちら → インスタグラム始めたら、色々動き出しました♡



実は先日、エイミーさんが開催しているアロマサークルに参加したばかりなのですが、それがものすごく良かったので、これはまた次の機会にブログに書きますね♪



0コメント

  • 1000 / 1000