【子供達にやさしくなれる魔法☆】

こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①



先日、アロマカウンセラーのエイミーさんが主催しているアロマサークルに参加しました。



今回はアロマとヨガのダブルで美味しい企画ということで、聞いて即参加決定♪



アロマはエイミーさん、ヨガはヨガの先生が教えてくれたんだけど、



サークルといって侮る無かれ。



エイミーさんは、アロマを使ったカウンセリングの新しい手法アロマフリーダムテクニックを創設者のDr.ベンジャミンパークス氏から直接学んだ数少ない日本人認定インストラクター。



ものすご~く濃い内容でした☆



今回のグループアロマワークは年末の大掃除ならぬ、”心の中の大掃除”



いつも考えてしまっている心の中のモヤモヤや不安をお掃除しちゃいましょうという内容だったんだけど、


セッションの間、出て来る出て来る。



封印していた嫌な思い出。



アロマを嗅ぐごとに、もう涙が溢れてきました。




でも、その嫌な事を思い出して辛くなって涙が溢れて来るのではなく、良い香りに癒されてその嫌な思いが涙と共に昇華されていく感じ。



すごいなエイミー。



グループセッションが終わる頃にはすっきり。



そしてヨガのセッション。



冬休みの間怠けていたので、



はい。体硬かったですよ。



でも、心地よい痛みと共に体も心もぽかぽかしてきて、



終わってサバサナする頃には、超リラックス~。



アロマの良い香りに包まれて、もうとろけそうでした☆


でね、私がなんでアロマワークのセッションで涙を流したかというと、



まだ子供達が小さかった頃、いろいろと個人的に大変な事が重なって精神的に辛かった時期があって、



その頃、子供のちょっとしたワガママを



必要以上にしかっていたなあってことを思いだしたんです。



本当は抱きしめてあげるべきところで、抱きしめてあげる心の余裕が私には無かった。



子供がイライラの原因ではなかったのに、勝手に自分のイライラの原因に摩り替えて、



子供の事を叱る事で自分の満たされない気持ちを一時的にすっきりさせてた。



私はその暗黒の時代に『これではいけない』と自戒していろいろ学びをはじめ、セルフケアすることが一番だという事に気がつきました。



自分の心が満たされると、余裕を持って子供のワガママに対応できるようになる。



今、それをすごく実感しています。



だからね。



もし今、あなたが自分の子供にちょっとやさしく出来ないなと感じているとしたら、



自分に心の余裕が無くってちょっとしたことでいらいらしてしまうのだとしたら、



子供達にやさしくなれる魔法は、自分のセルフケアですよ☆



ヨガでも、カウンセリングでも、マッサージでも、ネイルでも、美容院でも、



大好きな友達とお茶でも、映画でも、大好きなモノづくりに没頭するのでもいいから。



まずは自分を労わってあげて。



あなたが充電したら、家の中がもっとパアッと明るくなるからね。



エイミーさんのセッション、超オススメです。



(二人ともメガネで雰囲気似てる 笑)



毎月のアロマサークルの他にも、2月からは新しいプログラムが開始するらしいですのでこちらも要チェック☆



*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+*



私ね、こんなふうに、ママが他のママに手を差し伸べて



辛いときをいっしょに乗り越える勇気を分かち合える



そういう世界を作りたいんです。



ハンドメイドうんぬん言っていますが、



結局のところ、行き着くところはここ。




一人で悩まなくっていいよ。頼れる誰かは探せばいるんだよってこと。




そのプラスのエネルギーの循環をスムーズにするお手伝いがしたいんです。



私からもらったエネルギーはまた他の誰か必要な人に回してください。



それは巡り巡ってまた私のところに戻ってくるだろうし。



スマフォトグラフィーだって、そのために作ったんです。



あなたがこのブログを読んでいるという事は、



あなたが必要だったメッセージがここにあるのかもしれないし、



あなたの周りの誰かが、そのメッセージが必要なんかもしれない。



プラスのエネルギー、どうか循環させてくださいね。



まさこ


0コメント

  • 1000 / 1000