バンコク・パタヤ旅行記②

はじめまして!まさこです。

 


アメリカ5年・マレーシア13年。海外生活は既に18年目の2児の母です。

 


元臨床カウンセラー、自身の海外ハンドメイド起業の経験を踏まえて、日本でそして海外で活躍する女性ハンドメイド起業を応援するサロン《ステラアカデミー》を運営しています。



ブログでは国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きやハンドメイド起業のお役だち情報をシェア。 

 


【無料配布は今週まで!】ハンドメイド起業女子必須のお手軽写真術メール講座《スマフォトグラフィー8DAYS》


↓お申し込みはこちら↓

《スマフォトグラフィー8DAYS》

 


はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。→私の岐路①



バンコク二日目はサイアムパラゴンという巨大ショッピングモールへ。 

目的はこのモールの中にある東南アジア最大規模の水族館サイアムオーシャンワールド。  


どこに旅行に行っても水族館は、あれば大抵行っちゃいます。子どもたちも喜ぶし、お魚たちがゆらゆらしてて癒される♡何と言っても全天候型アクティビティですものね♪


タイの祝日だった事もあり、モールはすごい人手でした。 

一階のフードコートの辺りにあるエスカレーターで下に降りるとそこが水族館の入り口。 

せっかくここまで来たので、マダム・タッソーのワックスミュージアムとのセットのチケットを購入してみました♪ 

 

水族館は、色とりどりの魚達でいっぱいで、子供たちも何度見ても飽きない様子。

チンアナゴ。これが見ていて一番楽しかった。 

 チケットにグラスボトムボート体験も付いていたので、特別に大きな水槽の上に浮かぶボートにも乗せてもらえました。ボートに乗る前に安全ベストを手渡され、とても本格的。よく考えたら鮫もいる大水槽なので、落ちたらかなり危険! 

ボートにはモータ-はなくて、水槽の周りに張ったロープを係員が引っ張ってボートを移動。途中大きな岩の出っ張りなどもあり、見た目かなりの重労働な作業でしたが、なんと女性が移動させてました。足元のガラス越しに巨大エイやサメが通り過ぎる姿は圧巻。子供達も大満足♪ 

グラスボトムボート体験のあとは巨大水槽を今度は外側から眺めたり、ダイバーの餌やりの説明を聞いたり。

優雅に泳ぐお魚達にしばし癒された後、マダム・タッソーのワックスミュージアムへ。 


これが、最初の説明では歩いて5分の隣のモール内にあります。と言うことだったんだけど、モールの中を歩けど歩けど着く様子がない。それも店内の表示を頼りに場所を探すも、途中でエスカレーターで下に下りたりT字路にぶつかったり、どうも表示どおりに行けない。。。主人はぐずる次男を肩車して、徒歩10分後やっと隣接のモール内にあるワックスミュージアムに到着。

モールの端から端へ移動。遠かった〜。

マダム・タッソーのワックスミュージアムには偉人やハリウッドのセレブの蝋人形がいっぱい。それぞれ写真スポットが設けてあって、みんな思い思いに写真を撮っていました。


ミーハーな私がハリウッドセレブ達にうっとりしている隙に、主人と子供達はさっさと先へ移動。特に子供達にしてみれば、”あんたたち誰?”という感じで、興味を持ったのはサッカー選手の蝋人形とサッカーのシュートゲームのみ。チーン。 

私としては、アンジェリーナジョリーとブラッドピットが通り道を挟んで離して置いてあったのが印象的でした。昔は隣同士においてあったのよね。。。


最後に自分達のワックスハンド作成。これも共通チケットのおまけに付いてて、せっかくなので挑戦してみることに。


 ワックスハンドの作り方に興味心身で眺める子供たち。作業用のテーブルには、冷水と熱々に溶けたロウの容器がそれぞれ準備してあって、冷水につけて冷たくなった手を溶けたロウの中に入れるとロウの熱さが気にならないだけでなく、手に付いたロウが一瞬で固まるのです。これを2、3回繰り返すと、ある程度の厚みになり、空気穴を開ければワックスハンドが簡単に手から離れて、それを係りの人がすばやく台座に着けていました。

 

やっと私達の番が来て、それぞれ色や指のポーズを選んで、作業員のおばちゃんたちがまず手にクリームを塗ってくれました。これはあとでワックスハンドがするりと取れやすいようにするため。一番下のチビも作るのにノリノリ。でもさすがにじっとしていられなくて手を動かして2回失敗。私達も、私達の後ろで待っている人達も次はうまく行きますようにと祈るような思いで見つめる中、3回目は見事成功! 私もほっと一息。最初はチョキだったんだけど、思い切ってグーに変えたのが功を奏しました♡ 小さい子はグーですよグー。


ちゃんと一つづつ箱に入れてくれるし、なかなか良い記念になるので、これオススメです。ただこの4つのワックスハンドの箱がかなり大きくて、スーツケースの半分が埋まってしまうのと、スーツケースの中がグリッターだらけになるので、できればグリッター無しを頼んだほうがいいかもね。


ホテルに帰ってみんなのワックスハンドを並べたらこんな感じ。


さて明日は、パタヤへ移動♪


(つづく)


バンコク初日の記事はこちら → バンコク・パタヤ旅行記①



そうそう、海をモチーフにした新しい石けんを作ってみました♪

波の形や下の砂の感じ、そして海の水の流れる感じが表現できて久々に満足のいく出来上がり。

でも、ちょっと間違ったところが。。。わかった人、いますか?

  


0コメント

  • 1000 / 1000

~プロフィール~


井藤雅子(いとう・まさこ)


熊本県出身。

2004年よりマレーシアに移住。

出産後に家族の健康のためにと始めた手作り石けんとスキンケア作りに夢中になり

現在はハンドメイドスキンケアのオンラインショップを経営しながら

二児を育てる多忙な毎日。


自分と同じようにハンドメイド好きな主婦を応援したいという情熱に目覚め

これをライフワークにするべくステラアカデミーを立ち上げる。世界中の主婦が集う

インスタグラムセミナーやハンドメイドお茶会などを好評開催中。


ワークショップや石けん作りの合間には読書やヨガをするのが日課。

好きなものは石けんとアロマとコーヒー。

趣味は旅行、写真。


お問い合わせはこちらへどうぞ。