久々の薔薇のパイピング

こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①



「こういうのが作ってほしいなあ。」

とオーガニックショップの店長さんに指差された写真が、

この薔薇を上にケーキのクリームのように絞った

(パイピングした)石けんでした。



去年、何度か作っては見たものの、

石けん生地がちょっと硬くて、滑らかさに欠け、

出来上がりの雑さが自分的には気に入らなくて

それ以来ちょっと遠のいていたデザインだったのです。


それで、先月この石けんオーダーされたときは、

「今はあいにく時間が無いので、今回はこれでいいですか?」と

ドライローズを上に載せた石けんをオススメしたのでした。


しかし!今月また(しつこく

「あの薔薇の石けんを。。。」

と言われてしまったので、

今回はちょっと重い腰を上げました。


石けんをパイピングするには、

石けん生地の柔らかさがクリームのようになったその一瞬が勝負なので、

まずはベースの石けんを前もって準備。


オーガニックのオリーブオイルとシアバターをたっぷり入れました。


色味も、

ピンクはフレンチピンククレイ

グリーンはフレンチグリーンクレイとモリンガパウダー

オレンジはイエロークレイと濃縮人参色素。

ナチュラルな材料だけでこんなに綺麗な色です。


前回は花を絞った後に石けんを切ったので、

四角いバージョンはこんな感じ↓だったのですが、


今回は最初にベースになる石けんを切っちゃいました。

このほうがどこにお花を絞れば良いかすぐにわかるし、

失敗したらやり直しも利く♪


ベースを作った二日後にパイピング用の石けん作り。

ちなみに、お花の部分はロシアンパイピングティップを使います。

これだと小さくて可愛い花が絞れます。


オイルを苛性ソーダとあわせ、

パイピングできそうな硬さになるまで待って、

それから一個づつパイピングしては硬さを確認。


なかなか、絞るのにもコツがいって、

あんまり早く引き上げると綺麗に花が開かないし、

遅すぎると花びら自体が絞り口から離れず

花が崩れてしまいます。


うまくいかなくて何度もやり直し。。。


一時間半かけてすべてに薔薇を絞り終わりました。


そして、葉っぱの部分を絞ったのはその翌々日。

すべて作り終えるまで3日がかり!


でも、今回は思ったような滑らかな仕上がりで、

可愛く出来たので、苦労は報われたかな。

中にはスワールも♪



こちらはカスタムオーダーの商品なので、

一ヵ月後に、オーガニックショップへ納品します♪


インスタグラムももちろんこの薔薇で


   

ちなみに一番最初の丸い薔薇石けんの写真は、

去年の海外の石けんのコンペに出した作品。

そのときのことを英語のブログに書いていますので、

興味がある方は覗いてみてくださいね♪


Soapy  Natural 英語のブログはこちら









0コメント

  • 1000 / 1000