こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①


インターナショナルデー

先週は、実はオーダーの準備のほかにも

長男の学校の行事の準備などもあって、一週間とても忙しく過ごしました。


息子はKL郊外の緑豊かな場所にあるインターに通っているので、

学年末のインターナショナルデイが一番大きな行事。

それぞれの学年ごとにアジア、ヨーロッパ、オセアニア、アメリカなど

担当の地域が決まっていて、各クラスがその地域のなかの国を選び

その国について学んで、発表をしたり教室を飾ったり。


この日だけは、親も子供達のために一肌脱ぎ、

それぞれの国を代表する食べ物を持ち寄って

グローバルフードマーケットを開きます。

息子のクラスは今年はUKだったので、

クラスのママ達と相談の結果

イギリス式アフタヌーンティーを提供することになりました。



こんな感じでメニューも作ってみました。

クラスのママ達のお手製のサンドイッチやスコーン。

美味しそうなタルトやケーキ、クロワッサンと盛り沢山の内容。




環境保全やリサイクルもインターナショナルデイのテーマなので、

子供達はランチボックスを手に様々な国の食べ物を好きなだけ取り放題・食べ放題♪ 

子供たちも先生達もこれをとても楽しみにしていました!


因みに私たちのブースはこんな感じでUKをアピール。

これは、去年イギリスに行った友人がお土産にくれた

エリザベス女王のお誕生日を祝うティータオルです。

写真には写っていませんが、ブースの後ろには赤いフォンブ-スも♪


こういう学校の行事ってクラスのママ友さんたちと仲良くなる

数少ない機会なので、準備は大変ですがやりがいはあります。

クラスのお世話係も今年で二度目なので、すこしは手際よくできました。


この日はコスチュームに身を包んでのパレードもあり、

クラスごとの発表会もあり、

普段は見れない学校生活を垣間見ることができて、

とても楽しく有意義な一日。

何よりも、子供達が喜んでくれるのが一番。


実はこの日体調を崩した4歳の下の子を、

義理の母に半日預けて学校のお手伝いに行ったのですが、

帰ってくると、「ママ、どこにいたの?会いたかったよ。」

と下の子がしばらく私の元を離れませんでした。

起きる前に私は長男と家を出たので、

私をずっと探していたんでしょうね。


「Mommy,I love you」


下の子はそういって小さな手でぎゅっと私を抱きしめてくれました。


「I love you, too」


体が疲れていても、君がいればママは元気百倍だよ。



忙しさがひと段落して、

先週末は腑抜けのようにだらだらと過ごしてしまいましたが、

月曜からまた始動開始です。


こちらは先日のインスタグラム。

次に作る石けんのこといろいろ考えています。

なんか、新しいもの作りたい気持ちがウズウズ。


0コメント

  • 1000 / 1000