こんにちわ!



グリーンビューティーラボの井藤雅子です。

 


アメリカ5年・マレーシア15年。海外生活は既に20年目の2児の母です。

 


ブログではエコでナチュラルなハンドメイド生活についてや、国際結婚をして海外子育て、バイリンガル教育を実践している海外在住ママの目線からの日々の気付きなどをシェアしています。 

 


井藤雅子の自己紹介はこちら



はじめましての方は、まずは学生時代からの自分の岐路についてシリーズでつづったこちらをお読みください。

私の岐路①


石けんシャンプーで健康な髪に。。。

石けんシャンプーが気になっている人が最近多くなってきました。石けん作りをする者としては、とてもうれしい限りです。天然の材料だけで作った石けんシャンプー、私も使い始めて2年が経ちました。


もともと硬くて多い私の髪は、石けんシャンプーを始める前は何を使ってもまとまりが無く、湿気の多いこの国では短く切るか、結ぶかしかありませんでした。特にカラリングもパーマもしていなかったのに、いつも乾燥していて艶も無く、もうそういう髪質なのだと正直諦めていました。

最近作ったローズマリーと椿油のシャンプー石けん。ローズマリーとピンクグレープフルーツ精油で香り付けしています。ローズマリーは髪に良いハーブとして有名で、精油には頭皮の乾燥やフケ、抜け毛を予防してくれる効果があります。また、この精油ブレンドは頭皮の皮脂の量をコントロールしてくれ、髪の毛を健康にしてくれます。


それが、石けんシャンプーをはじめたら、髪質が変わりました。髪が以前より柔らかくなり、ウェーブが多く出るようになりました。クセ毛だと思っていたのは実は天然のウェーブだったんです。そして何よりも嬉しいことに、髪が自然にまとまるようになり、下ろしていても髪が広がらなくなったんです。


なぜかいろいろ考えられる理由はありますが、まず第一に市販のシャンプーに含まれている界面活性剤は頭皮や髪の油脂を撮りすぎる傾向にあるので、おそらく石けんシャンプーのおかげで皮脂の量が自然な、健康な状態に戻ったのかなと思います。


これはティーツリーとペッパーミントのシャンプー石けん。ティーツリーとペッパーミントの精油はすっきりフレッシュな香りで、頭皮にかゆみがあったり、フケや抜け毛、頭皮のにきびが気になる方に向いています。


髪に使う石けんというのは顔体用とちょっと成分を変えています。というのも、泡立ちが悪いと髪が洗いにくいし、アルカリ度が高いとキューティクルが開いて髪がキシキシするからです。ですから、髪用シャンプー石けんは普通の石けんより泡立ちが良くて、アルカリ度が低くなるように作っています。


そして、もちろん髪に良いオイルをたっぷり使いたいので、どのシャンプー石けんにも日本産の椿油を入れました。椿油は、アルガンオイルやアーモンドオイルなどと同じく軽い付け心地なので、肌にすっと浸透して内側から肌や髪をつやつやにしてくれる優れものオイル。ずっと昔から日本では髪には椿油が良いといわれてきましたが、本当に良く伸びて使い心地の良いオイルです。パサつく髪の方は椿油をそのまま少し手に伸ばして気になるところにつけてあげればパサつきが改善されます。


こちらはSoapy Natural定番のハーブシャンプー石けん。頭皮や髪の毛に良いハーブをたくさん入れて作りました。ローズマリー、セージ、カモミール、ツルドクダミ(何首烏)、アロエ、椿油、蜂蜜などが入ってます。ティーンの息子さんのおでこのにきびが治ったと言うお客様もあり、リピーターの多い優れものの石けんシャンプーです。


そして石けんシャンプーの後に実践してほしいのが、お酢やクエン酸のリンス。市販のコンディショナーでも良いのですが、せっかく頑張って石けんシャンプーしたので、ぜひこのシンプルなリンスを試してみてください。お酢でリンスすることで、開いたキューティクルが閉じて、髪がしっとりつるつるに戻ります。


レシピを二つほど紹介します。


1.さらさらお酢リンス
【材料】
リンゴ酢 1/4カップ (もしくは クエン酸 大匙1-2杯)
水またはぬるま湯 2カップ 
お好みの精油 2-4滴(あれば)

2.しっとりお酢リンス

材料】
リンゴ酢 1/4カップ (もしくは クエン酸 大匙1-2杯)
水またはぬるま湯 2カップ 
グリセリンもしくはオイル 小さじ1杯

お好みの精油 2-4滴(あれば)


【使い方】 材料を混ぜて溶かし、プラスチックのボトルに入れておきます。シャンプー後の髪にこのリンスかけ数分髪になじませた後、お湯で軽く洗い流してください。洗い桶8分目くらいにお湯を張ってそれにこのお酢リンスを大匙1-3杯くらい加え、それに髪の毛を数分間つけるのも効果的です。乾燥肌や敏感肌の方はクエン酸が強いとピリピリすることがありますので少なめの量から始めることをお勧めします。お酢の臭いは髪の毛が乾くと自然になくなります。もちろんりんご酢を普通のお酢やレモンに変えて作っても大丈夫です。残ったリンスは冷蔵庫で保管して2週間をめどに使い切ってください。 


オイルは椿油、ホホバオイル、アルガンオイル、グレープシードオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルなどがお勧めです。 


 精油(アロマオイル)は良い香りがするだけでなく、髪に直接働きかけてくれるものもいろいろあります。お勧めはローズマリーやピンクグレープフルーツ、カモミール、ティーツリーなどですが、好きな香りでアロマセラピーを楽しむのも良いと思います。 


 これまで市販のシャンプー、リンスをお使いだった方が石けんシャンプーに変えると、今までのシャンプーやリンスの成分が髪や頭皮にくっついたままで残っていることが多く、なかなか石けんが髪の上で泡立ちにくいべたついた状態になることがあります。そのような時はシャンプー石けんを良く泡立てて何度か洗う必要があります。石けんシャンプーに慣れる移行期間は個人によって様々ですが、2週間から2ヶ月位なので、諦めずに頑張ってサラツヤ髪を取り戻しましょう! 





0コメント

  • 1000 / 1000